ニュース

ニュース

お役立ちコラム/ライフプラン

住宅購入にあたりシングル男性が考えておきたいライフプラン

2017年05月06日

■今後のライフプランによって変わる課題
シングル男性が住宅を購入することを考える場合、まず自分の将来のライフプランを詳しく考えておく必要があります。これは、ライフプランとキャリアプランによって、具体的に購入すべき住宅の姿や、支払うことになる金銭などが明確になって来るからです。現在とまるきり同じ生活が、ずっと続くとは限りません。逆に言うのであれば、欲しい住宅を手に入れるためには、どのような働き方をするのか、生活を目指していくのがはっきりしていないと、思わずトラブルが引き起こされてしまうというわけです。自身の計画や予定を明らかにしておくことで、自然と解決すべき課題が見えてくるでしょう。理想の住宅購入のために、まずは自身の地盤を深く理解し、構築していくための道筋を確認していくのです。

■これから得る生涯年収と住宅資金の考え方
住宅購入を考えているシングルの男性は、まずは自分の生涯年収を計算してみましょう。それを決定することによって、実際に購入できる住宅のスタイルも見えやすくなってきます。予算を決定することで、具体的に購入できる住宅は当たり前ですが変わって来ます。予算に合わせて、ライフプランを適宜変えていくことも選択肢のひとつでしょう。収入をアップするための転職や、スキル向上による出世など、色々な可能性があります。独身者用の住宅ローンなどもあります。勤務年数や年収が厳密に審査される傾向にあり、お得な金利プランなどは、その人の収入状況によっても条件が異なってきます。

■適正な住宅購入予算は?
シングルの男性が住宅購入をする場合、ローンを使用すると想定して、毎月返済可能な金額から導き出すのがおすすめと言えます。収入から住宅費以外に必要な支出を差し引いた上で、更に住宅を購入した場合にかかる維持費を引いて、将来的に必要な貯蓄や緊急時用の予備資金を引いた金額が、住宅自体にかけられる月々の予算です。住宅は購入すれば良いだけではなく、管理費や修繕費、各種積立金や固定資産税など、様々な維持費用がかかってきます。すべての収支を年間で合計し、ボーナスを含めた様々な出費で計算するとより分かりやすいでしょう。自分が働ける年数や、順調にキャリアアップした場合の総合的な収入額などを計算して、予算を導き出すようにしてください。もしも返済が出来なくなるような障害や病気になってしまった場合の対策を用意することも必要です。

23区内だけでなく1都3県ご対応できます

0120-087-450

WEBからのお問合せはこちら

住まいのテーブルセミナー

なにから始めていいかわからない  ,住宅ローンの組み方がかわからない,不動産の相場がわからない

more

お客様の声

スタイルシステムをご支援いただき、お付き合いいただいているお客様の声をご紹介させていただきます。

more

恵比寿、代官山、広尾、中目黒、白金エリアに密着!
手作り中古マンション紹介サイト

レジデンシャルアドバイザーによる住宅購入前の 来社型相談カウンター