ニュース

ニュース

お役立ちコラム/売却・買い替え

それぞれに異なる!家を売却するベストタイミングを知る方法は?

2017年03月31日

■自宅の特徴を知る
一戸建て住宅や土地、マンションの部屋といった不動産の価格は画一的なものではなく、常に変動することになりますので、売却するならば値段が高い時期に売ってしまう方が良いと考えるのは当然です。売りのベストタイミングを探るために重要なことを一言で言うならば「情報収集」となります。自宅の特徴を知ること、買主となるターゲットの情報を知ること、そして世間の関連情報を知ることが重要ですので、まずは自宅の特徴から見ていくようにしてください。物件を販売する時には広告を出すのが一般的ですが、その際に単に部屋の数だけを提示するよりかは特徴も踏まえて販売活動を行った方がより効率良く売ることが可能となります。戸建てならば場所や部屋の数といった基本情報に加えて、東南角地で周囲の環境も良く、庭もあって子育てにもうってつけ、といった特徴も踏まえられれば、子育て中のお客さんが情報を見に来ることにもつながります。このように基本情報以外にどのような特徴があるのかを考えておく必要があります。

■売主になるターゲットを明確に
企業が行うようなマーケティングの手法を用いることで、住宅をより高く販売できるタイミングを探ることが可能となります。自分の物件がファミリー向けなのか、独身のサラリーマン向けなのか、若い人向けなのか、シニア向けなのかなど、誰が購入するのかを想像していきましょう。そしてターゲットが明確になったら、次に相手が購入活動をするタイミングを探っていきます。若い人や独身向けならば春先の転勤シーズンや新社会人誕生シーズンに合わせて需要も高まることが予想され、つまり売却の値段も高まることが予測できるのです。

■世間の情報を知る
最後に世間の情報についてですが、これは政府の取る動向を探るのが一般的です。例えば消費税が増税となれば消費が抑えられることになり、買い渋りが考えられますし、住宅ローンの金利が安くなれば物件購入者が増えることにつながり、値段も高く設定できることも考えられます。景気の動向や、住宅ローンの金利の動き、税制上の改変などなど、政府の政策や世間の流れを察知することで、売却のベストタイミングを探ることが可能となります。情報は価値のあるものであり、誰にも知られていない特殊性を伴うとその価格は更に高まることになります。様々な情報を収集した上で、売却価格の動向を探り、一番良い価格で取引できるように動いていくことをお勧めします。

23区内だけでなく1都3県ご対応できます

0120-087-450

WEBからのお問合せはこちら

住まいのテーブルセミナー

なにから始めていいかわからない  ,住宅ローンの組み方がかわからない,不動産の相場がわからない

more

お客様の声

スタイルシステムをご支援いただき、お付き合いいただいているお客様の声をご紹介させていただきます。

more

恵比寿、代官山、広尾、中目黒、白金エリアに密着!
手作り中古マンション紹介サイト

レジデンシャルアドバイザーによる住宅購入前の 来社型相談カウンター